OPCみぎうえ.png資料請求.png教職員採用.png

 
学校は集団生活の場であるため、感染拡大を防ぐことが重要です。
感染症に罹患した場合は医師の指示に従い、周囲へ感染を広げないように努めましょう。

また、感染症は予防が重要です。
手洗い、うがい、マスクの着用、食品の衛生管理、
規則正しい生活習慣、予防接種など日頃から感染症対策をしましょう。

 インフルエンザ、麻疹(はしか)、風疹、
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、水痘(水ぼうそう)等、
感染症に罹患し、授業を欠席する場合は、各自で担当教員に届け出てください。

出席停止期間は欠席扱いとなりませんので、
主治医の指示に従い、登校許可が出るまで十分に静養して下さい。

届出の際に提出する診断書の代わりに
学校所定様式(「感染症」の治癒証明書)を使用することも可能です。



【治癒証明書のダウンロードはこちら】