OPCみぎうえ.png資料請求.png教職員採用.png

理容見出し.psd

fujiki.png

r-cut.pngshave.pngstyling.png

シャンプー.jpg

シャンプー
スタンド、バック、リアシャンプーをマスター。髪質、頭のカタチ、頭皮を感じ取る力を身につけ、スタイリングやケアに活かします。

カット.jpg

カット
メンズフォーマルからワンレングス、レイヤー、また髪の質感を表現するマテリアルカットまで、カット技術をトータルに学びます。

シェービング.jpg

シェービング
レーザーの正しい持ち方、ワンシェーブの運行、2回剃り、レディスシェーブ、替え刃によるシェービング技術などを相モデルでの実習で習得します。

フェイシャル.jpg

フェイシャル
トリートメントやマッサージなどの基本的な技術や知識を習得。シェービング後のケアという面を意識しながら学んでいくことが大切です。

ヘッドマッサージ.jpg

ヘッドマッサージ
マッサージの技法と、それらを状態や部位、目的などによって使い分けることを学びます。人体の構造やツボなどの知識を実習に活かします。

メンズスタイリング.jpg

メンズスタイリング
メンズスタイルを、カッティングからボンバージュセットまで、カットとセットの相関関係を学びながらウィッグを使って実習します。

ヘアデザイン画.jpg

ヘアデザイン画
個々の顔の形状にマッチしたヘアスタイル、髪の個性や質感をデッサンしながら学びます。

ワインディング.jpg

ワインディング
シンメトリーなバランス感覚を体得し、さまざまな配列、多彩な技法を身につけます。

理容クリニック.jpg

理容クリニック
頭皮・頭毛のクリニック理論、育毛マッサージなどのスキャルプケアをマスターします。

ハンドフットケア.jpg

ハンド・フットケア
身体全体の健康促進とリラックスにつながるハンドとフットのケアテクニックをマスターします。

トレンドヘア.jpg

トレンドヘア
これまで学んだカット基本理論、技術を現場にどう生かしていくか、最先端のサロンスタイルを題材にしながら学んでいきます。

カラーリング.jpg

カラーリング
染毛の仕組みや発色のコントロールなどを理論と実習で実践的に学びます。色彩学の知識はここで活かされます。

レディースシェーブ.jpg

レディースシェーブ
日本人女性特有の美である三つえりや富士額などを理論と実習をとおして学びます。

理美容介助B.jpg

理美容介助サービス
高齢者や障害者の体験をとおして、相手の立場で考えることを学び、少子高齢・人口減少社会での理美容師の役割を考えます。

メイクデザイン.jpg

メイクデザイン
メイクの実習をとおして五感で感じる力と理論に裏づけされたデザイン力を育みます。 最後に自由な感性で1つの作品を仕上げ撮影会を行います。

パーマ.jpg

パーマ
還元酸化反応である薬液処理には危険が伴います。詳しい知識を学び、ウイッグと相モデルでの実習を行います。

マテリアルカット.jpg

マテリアルカット
ブラント、セニング、レザーなど、カットの基本技法を身につけた上で、髪の質感をデザインするマテリアルカットを理論と実習で学びます。

国家試験対策.jpg

国家試験対策
最新情報に基づく筆記と実技のシミュレーション・トレーニング。合格率100%を目指し徹底的に行います。

選択授業.jpg

選択授業
2年次に、着付け・ネイル・実践経営・刃物研摩などから各自受けたい科目を選択する選択授業があります(年度によって内容は異なることがあります)。

資格へ.psd資格へ.psd

国家試験合格を最優先に、経験豊富な講師陣が数々の資格取得を強力にサポート。
資格合格まで楽しみながら安心して学べます。 

学生同士による相モデル実習

お互いにモデルになることで、技術を提供する側と受ける側の双方の技術や感覚を理解することができます。また、実習のパートナーは順番に変わっていくので、さまざまな頭のカタチ、顔のカタチや髪質を体感しながら、実践的に学ぶことができます。

徹底して理論と技術を学ぶ

櫛の歯の形、鋏の刃の丸みがなぜその形状なのか、道具の形には意味があります。カットでの姿勢、シャンプーでの運行順序にも理論があります。理論に裏づけされた知識、基本技術をしっかり身につけることで応用力や考える力につながります。

反復練習で新たなきづきと発見

技術について「わかる」だけではなく、「できる」ようになるためには、反復練習が必要です。しかし、ただ繰り返すだけではなく、学んだ知識を応用することも重要です。よりよい方法や工夫を考え試すことで、新しい発見が生まれます。

ヘアデザイナー&ドクターをめざす

目指すのはただ髪をカットするだけのプロではありません。ヘアデザイン画を描くことによって、美に対するデザイン感覚や表現力を養っていきます。また、ヘアの健康管理や問題解決ができるような深い専門知識を身につけていきます。

1年目/理容師として必要な基本技術を徹底的にマスター。ヘアデザイン画、色彩学、理容器具など、理容師としてのセンスや知識を修得。
2年目/実践的な技術とともに、メイク、ハンドケア、理美容介助サービスなど、理容師としての視野を広げる。

理容師免許取得への道.png