OPCみぎうえ.png資料請求.png教職員採用.png

■メイクデザイン 〜学生が、自分たちの手で創りあげるアーティスティックな世界〜

5人.png


▲プロの写真家の高田先生をお招きしての作品つくり。
チームのメンバーで協力して、「衣装」「ヘアーセット」「メイク」「モデルのポーズの動き・顔の表情」などを自分達で考え、撮影中はチームメンバーでモデルの人に細かく指示を出しながら、高田先生と磯田先生の指導により、フォト作品づくりを楽しく行いました。

引き出しをたくさん持つことで頭から爪先まで考えたトータルな美が実現できる。
メイクデザイン.psd サロンワークのほかに、TV・CFなどで撮影現場のメイクアップもしています。ぼくの役割はモデルさんに一番いい表情になってもらうこと。メイクはその手段にすぎません。疲れているモデルさんにはマッサージをしてあげることで顔色がよくなり、イキイキとした表情になったらメイクは必要なし。口紅だけ差してあげて撮影に送り出すこともあります。“目の前にいるお客様を美しくしてあげたい”。まず大切なのはそんな思いを持つこと。それはヘアだけをキレイにしても、お肌が荒れていたり、爪が汚れていては実現できません。頭から爪先までトータルに考えることで美は生まれます。メイク、ネイル、エステ、着付け…さまざまな引き出しを持つことが必要になるのです。さらに、お客様自身の「キレイになりたい!」という気持ちを育ててあげることも、理美容師の重要な役割。カットやブローが上手なのはプロとして当たり前。中央理美容専門学校で学ぶならその先を目指してほしいですね。

磯田 真弘/理容専門課程26期生(1980年卒)
元全理連中央講師(本校特別講師) AZ-hair オーナー・make-up-position 代表

isoda.png

■和装…着付け、ヘア、メイク

小物などあらゆるファクターを加味しスタイルを創り上げていく奥深き世界。その高みへ一歩ずつ挑戦する中央ならではの上質な時間。

着付け5かっと.png


学生たちの高いモチベーションが、技術への集中を物語る。
学生同士が相モデルとなり、[着付け][ヘア][メイク][アシスタント]とそれぞれの役割分担を的確にこなし、実際の現場を意識した中でスキルを高めていきます。互いを信頼して進める共同作業の中から連帯感や達成感も学べる密度の濃い講習です。

■ヘアフォト理論
■実践経営
■アロマテラピー
■器具

■ヘアデザイン画
■メイク
■ネイルアート
■着付け

■エステティック
■エクステンション
■国家試験対策

※希望者が少ない科目は、実施しない場合もあります。