OPCみぎうえ.png資料請求.png教職員採用.png

concept_h3.jpg


中央理美容専門学校は、10年、20年後の活躍に向けて、“理容・美容の先をめざす”
新しいプロフェッショナルを育てていく学校です。

中央の目指す、プロフェッショナルとは“人間を知ること”からはじまります。
新しい時代の理美容師は“相手としっかりと向き合うこと”で
それらを敏感に感じ取り、理解して、その人の持つ本当の魅力を引き出すこと。

そんな、一人ひとりの思いに応える
“幸せの技術”を持った未来の理美容師=新しいプロフェッショナルなのです。

rijiicho.jpg
大森 利雄/中央理美容専門学校 理事長
本校、中央理美容専門学校は、1950年に理容の全国組織「全国理容生活衛生同業組合連合会」が、業界のリーダーを養成すべく設立いたしました。以来60年以上にわたり、9,000人以上の卒業生を輩出し、各地で理美容業界を牽引する活躍をしています。
昨今、理美容の仕事の幅も広がり、従来にも増して専門性が求められています。時代はジェンダーレスといわれ、性別を問わず消費者の美への追及意識は増々高まってくるでしょう。これに対応して本校では、理容師・美容師両資格を並行して取得できるダブルライセンスのコースを設定。また、どちらか一方の資格を有している場合に短期間でもう一方の資格を取得できる理容・美容修得者課程も取り入れています。
これから理容師、美容師を目指す皆さん、ダブルライセンスを取得して、活躍の幅を広げてみてはいかがでしょうか。
皆さんのご入学をお待ちしております。


koucho.jpg
河合 靖臣/中央理美容専門学校 校長
1950年、全国の理容の指導者養成を建学の理念として設立。その後60年以上にわたり幾多の優れた理容師・美容師が卒業し、理容業界・美容業界で活躍しています。本校は、基礎知識、基本技術の習得はもちろんのこと、本校独自の特色あるカリキュラムで「美」の感性を高めています。また、海外のサロンとの積極的な技術交流からより質の高い学習環境を取り入れています。
理容師、美容師を目指す皆さん、ぜひ本校で同じ目標をもった仲間と一緒に思う存分学び、素敵な夢を実現してください。皆さんの入学をお待ちしています。


1950年/東京・代々木に全国の理容の指導者養成を建学の理念として、「中央高等理容学院」を創立、「師範科」を開講。母体は全国理容連盟。 
1954年/厚生大臣の指定により、理容師の養成課程「本科」を設置、第1期生が入学。 校名を「中央高等理容学校」と改称。
1958年/「学校法人」の認可を受ける。 
1965年/東大久保に校舎を移転。 
1967年/より充実した教育を目指し、理美容学校で初の2年課程「高専科」を設置。 
1968年/早稲田大学理工学部内に実習施設「演習室」を開設。
1969年/第1回学園祭を開催。 
1974年/校名を「学校法人全国理容中央学園中央理容専門学校」と改称。 
1975年/東京都認可の「専修学校」となる。 
1983年/高田馬場に校舎を移転。 
1989年/第1回ヨーロッパ研修旅行実施。 
1998年/理美容学校の2年制移行に伴い、「C・H・I・C」をコンセプトにカリキュラムを刷新。
2000年/創立50周年記念式典を開催。
2007年/美容科を新設。「中央理美容専門学校」と改称。
2010年/創立60周年を迎える。
2016年/カリキュラムをスリム・スタンダードからオリジナル化へ。
2017年/留学制度開始。
2018年/DDC(ダブルディグリーコース)を新たに設置。

chbc_map.png
▲クリックで拡大

●駅から4つのルート●高田馬場駅より2つ、目白駅より2つあります
JR山手線/西武新宿線/地下鉄東西線「高田馬場駅」下車 早稲田口から徒歩6分
JR山手線「目白駅」下車 徒歩8分
【地図のPDFダウンロードはこちらmap2015.pdf

学校法人 全国理容中央学園 厚生労働大臣指定
ロゴ.psd
〒161-0033 東京都新宿区下落合2-3-16
TEL.03(3950)8805 FAX.03(3950)1354
E-mail info@chic.ac.jp